09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

日本有病者医療学会に参加して

2012年03月22日
土曜日の午後からお休みをいただき歯科治療と感染性心内膜炎の講演を聞きに行きました。

日本有病者医療学会に参加して

簡単に言うと口の中が汚いと歯科治療中に心臓に口の中にいる菌が感染するということです。見えないところですが非常に危険です。

私のオフィスでは口の中が汚れているまま治療に入ることはありませんがプラークコントロールの重要性を患者に伝えるのも非常に難しい。これからも妥協せずにやりつづけますが患者側も健康に関しての意識はもっと高めて欲しいです。

歯みがき、だいたいのかたはやっているといいますができているのとは違います。正しいやり方は必ずプロに指導してもらいましょう!
それが感染を防ぐことになり心臓だけてなく色んな病気を悪化させずにすむことにもなります。

なぜこんな珍しい病気になるの?と言う発表を聞くとみんな口の中が汚い。
私自身も一般向けセミナーではプラークコントロールの重要性はお話しています。
たった歯ブラシ一本で歯周病が予防でき全身への感染を防ぐことができる、これ程簡単なことはないと思います。

数年前ある患者に予防の話をしたら鼻で笑われたことがありますが、そのかたは心臓の病気が併発し、味覚がわからなくなり舌がヒリヒリする舌痛症にもなってしまいました。

私が歯みがきの大切さをうるさく言う理由がわかっていただけたでしょうか。一般的にはまだ認識の低い歯科治療ですがこれからも多くの方に伝えて行きたいと思います。
学会・セミナー