09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

治療をやるうえでやりにくい人

2017年08月05日
我々は口の中という狭い過酷な環境で仕事をしています。特にアジア人は欧米人に比べて口が小さい。
そして口腔内には動くものがあるということ。

舌、頬、口の中ではないが頭

今日は舌についてお話します。
奥歯の治療中、水を頻繁に飲んだりする方。水を飲むと舌が上がり
非常に危険な行為なんです。
写真を見てください。舌が削る機械にあたっているのがわかりますか?

このまま治療を続行すれば舌は切れます

DSC_0550_convert_20170804101441.jpg

いくら腕のいい歯科医でもここまで舌を出されると治療はできません。我々はどうしてほしいか。
まず治療前に鏡を見て自分で舌の位置を確認してください。なるべく舌を後ろの方に置く練習をしてください。
そして水を飲まない。水を飲むと逆に吸引しずらくなるの知ってました?
1番動かしてほしくないときに水を飲んだり、舌を動かすと治療している歯に唾液が入ってしまい、
治療の質が落ちることがあります。
申し訳ないですがこればかりはこちらが頑張ってもどうにもならないのです。
もう一つ重要なことがあります。

それは鼻呼吸

鼻でゆっくり呼吸ができればリラックスすることができ、舌も動かなくなるので治療がスムーズに行きます。
そのために毎日あいうべ体操してください。

もちろんこちらでも対策はしていますので安心してください。舌を排除する器具です。


DSC_0551_convert_20170804101531.jpg

それでもできない方は静脈内鎮静法併用での治療をお勧めします。




未分類