09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

お義父さんありがとうございました。

2016年11月30日
先月義理の父が亡くなり、おととい49日が終わりました。59歳の若さでした。去年から中高の親友、母の妹、大学の友人、そして義理の父と大切な人が亡くなり私もかなりショックを受けています。

初めて義理の父と会った時、そっけない感じで正直怖かった。しかし私の事を認めてくれて妻との結婚を快く受け入れてくれたことを今でも感謝しています。榮徳が生まれた時「孫」というお酒を有名な陶芸家さんからいただいたらしく、「泰英君と一緒に飲もうと思って」と私が妻の実家に帰るまで開けずに待っててくれたことは非常にうれしかったです。一生忘れません。
去年の7月すい臓がんの告知をされ、余命宣告をされたのにもかかわらず、日々前向きに生きている姿はかっこよかった。俺には出来ないな。。。
闘病中も榮徳と毎日Face time(そのために携帯をI-phoneに変えた)をし、嬉しそうな顔で話している姿は今でも忘れない。榮徳はじいじの事が大好きで死期が近づいていることが分かっていたのか腹水がたまり緊急入院してからは病院から帰るとき、今までにないくらい大泣きをしていたらしいです。亡くなる前日の夜中も急に起きて「じぃじ」と叫び始めた。この子はもうわかってたのかな。何か聞こえたのでしょう。今でも「じぃじ」と空を見ていうことがあります。お父さん聞こえてますよね?これからもみんなで仲良くいきますので天国から見守っててください。私もお父さんのように信念を貫いて生きていきます。

追伸 あれだけ盛大なお通夜をして下さった益子の皆様に感謝致します。特に和太鼓はお父さんに届いたと思います。

金子泰英
1480494472111_convert_20161130173157.jpg
1480494462251_convert_20161130173129.jpg
未分類