09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

当院は27年2月に宇都宮駅前に移転します。

2014年12月08日
平成9年に開業し、17年間鹿沼で開業してきましたが宇都宮南大通り(駅から7分)に完全移転します。
私の性格を知っている方は想定内でしょうが、今後自分が成長する為、そして良質の医療を患者様に提供するためにはここでは限界だと判断し決断致しました。

決断の理由ですが3つあります。
まず一つ目。
日本は高齢社会に突入しています。歯科医療においても有病者(病気を持った方)を治療する機会が必然と多くなります。健康な方でも治療において細心の注意を払って行っていますが有病者に対しては更に注意しなければなりません。
そのためにはある程度の人材確保が必要です。人材と言っても挨拶できない、気が利かない、会話ができない、なんて方では逆に医療事故のもとになり雇うことはできません。それなりに知識があり、やる気があり、根性がないと医療系は務まりません。そういう方を探すのには県内だけでは限界があります。(誤解を招くと困るので補足しますが都会との比較ではなく他の地域と比べてみてもレベルが低いということです。)

そして病診連携についても考えなくてはなりません。今後は開業医、病院、医療関係者たちが力を合わせて有病者の治療に望まなければ患者様の不利益が増えることになります。それには鹿沼は保守的すぎて実現できません。
私と同じ考えの歯科医師、歯科衛生士がいましたら是非一緒に仕事をしたい。

二つ目。
親の七光りだと思われたくない。だから自分一人の力でどこまでできるか違う土地でチャレンジしたい。

三つ目
栃木県から私の技術を世界へ発信したい。
現在では医療も都心集中型になってきていますが都心に行かなくても技術の高い医療が受けられる体制を作りたい。
それにはある程度利便性にいい場所を選ばなければならない。そのため駅前にしました。

最後にメッセージです。今後、特に田舎はいい医療は受けられなくなってきます。高度な医療、できる歯科医師、医師は都心に集中していきます。医療の質、医療関係者の質が悪くなれば治る病気も治らなくなるということです。それではどうすれば?なにかトラブルが起こってから病院に行くのではなく予防のために病院に行く考えにシフトしなければならない時期に来ています。どうか今まで私に携わった方、もう一度私の言ったことを思いだしてください。人は皆、いつか死にます。病院のベットで亡くなるか、家族に見守られ安らかに亡くなるかはあなたの考え方次第です。

仕事も大切ですがいい仕事をするには健康でなければできません。
「時間がなくて病院に行けない」でなく自分メインテナンスの時間をつくりいつまでも健康でいられるよう努力してください。それがあなたの幸せにつながります。
未分類