09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

「治療中、気分が悪くなった経験ありませんか?」

2014年08月04日
当院も来月で開業17年目に入ります。
当時50代の患者様も今や70代になっています。
開業当初から私の所には高齢の方が多くそのおかげで最低限の救急処置は出来ますが
ここ最近、治療中に気分が悪くなったりする方(貧血)がいましたのでお伝えします。

歯科医院で麻酔を打ったら気分が悪くなったりした経験ありませんか?

治療中、自分の血圧がどうなっているか知っていますか?


動画①


歯科恐怖症の方です、動画①を見て下さい。(※今回は簡単な処置でしたので笑気のみで対応しましたが通常は静脈内鎮静法で治療は行っています。)
この方は治療椅子に座っただけでこんなに上がってしまいます。
しばらく様子を見て血圧が下がったことを確認し、

動画②


次に麻酔後 動画②をみて下さい。上(収縮期)が200近くになります。
この状態で歯科治療に入れば非常に危険です。
ただしモニターを付けていなければわかりません。

現在では高齢者が増え、有病者が増え全身管理は必要不可欠です。

自分は若い頃と変わらないと思っていても体は正直です。

たかが歯の治療ではありません。医療事故を防ぐためにも日常からの健康管理には気を付けましょう。

若い頃と変わらないためには日々の努力が必要だということです。
参考までに

気分が悪くなった方は2人とも70代で共通点があります
それは「せっかちで人の話を聞いていない」ということです。
一人の方は開業当初からきていますが、今までも歯みがきの仕方、歯周病などの
予防医学の話はしていましたが、今ではテレビでも多くいわれている「誤嚥性肺炎」を知らなかったのは私もショックでした。ちなみに当院では待合室のインフォメーションで流しています。

お願いですから少しは私の話を聞いてください。
歯科医師には内科的な病気、飲んでる薬は伝えて下さいね。
未分類