09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

「2013年 今年も宜しくお願いします。」

2013年02月04日
今年の当院のスローガンは、「いたわりは人にも物にも草木にも」です。

先日、大学の3学年合同の同窓会があり、久しぶりに懐かしい面子と会いました。

そこでテニス部の後輩に、

「金子さん、学生の頃は大嫌いでしたが、今は大好きです!」
「あの時厳しいことを言って頂いたおかげで、社会人になって役に立っています。」

正直嬉しいです。私自身も沢山の良き先輩方のおかげで今があると思っています。(実際は先輩に一番たてついた後輩だったと思いますが。勿論、理不尽なこと言われればですが。)

自分の後輩達にもそれを伝えただけ。ただ言い方がきついから厳しく取られたのかも知れませんが、当たり前のことを言っていただけです。

それは「優勝」するという目標があったからです。


さて、大阪市立桜宮高校(大阪市都島区)で、男子バスケットボール部主将だった男子生徒(17)が顧問(47)から体罰を受けた翌日に自殺した問題について。真相はわかりませんが、皆さんはどうお考えですか?本当に体罰だけが問題でしょうか?

桜宮高校に通う生徒のこんなコメントを見ました。
「先生はバスケの指導がズバ抜けていたが、高校生としてどうあるべきかを教えてくれた。それは人としての気遣い。道を聞かれたら教えるだけじゃなく、一緒についていってあげるとかを教えてくれるような人だった。」

人としてこんなに大切なことを教えてくれる先生が、今の日本にどれくらいいるでしょう?

このことが事実なら、自殺する生徒にも問題があるのではと私は思います。仮にもキャプテン、後輩達のお手本とならなければならない存在、時には強くなければいけない。チームをまとめ、そして勝利に導く。

私も高校、大学とテニス部でキャプテンを経験しているので、その点は理解しています。
そして、それが社会人になってからも、ものすごく役に立っていることも。


ここでカミングアウトしますが、子どものころから、私は暴力教師が担任にあたることが多かった。小学校の時は、僕の集団リンチを示唆した担任もいました。

これは、今じゃ大問題でしょう。

勿論親は助けてくれないし、学校に行きたくないと言っても通用しない。(今思えば、自分が悪いんだから助けてもらわなくてよかったと思います。)


この地元から逃げたく、埼玉の全寮制の学校に行きました。でも、中学1年の時、理科のM先生にかなりの暴力を受けました。

当時私の身長は130㎝。席は一番前でした。M先生が黒板に書き終わると、教壇から降りて私の膝に座ってわざと黒板が見えないようにされました。M先生は身長170㎝くらいで、体重が80キロぐらいはあったはず。

小柄な僕は、そんな大柄な人に膝に乗られたら黒板なんて見えるわけがないし、第一重くて苦しい。そして、先生は私の所から去ると次の項目に移ってしまい、ノートに写す暇なんてあるわけがない。

そして、ひと段落するとまた教壇から降りてくる。僕のノートをみるやいなや、「なんだお前、ノート書いてないじゃないか!」と怒鳴り、グーで僕の頭を殴る。「書けるわけないだろー」と言いたいが言えず、毎回その繰り返し。僕の親友も同じようにやられていました。

その親友とは寮の同じ部屋だったので、夜間学習(寮での自習)の時は最悪だった。僕はトイレに行っただけで定規で頭を殴られ、頭がへこんでしまった。

親友はその先生に、「お前日光出身だから土一揆だな!」と、なぜか顔面をグーで殴られた。でも俺たちは親には言わなかった。二人で励ましあい頑張った。

その先生はさすがに、他の生徒の親からの苦情で辞めさせられました。

当時は本当につらかった。だから、今の子を見て甘ちゃんだと思うのかもしれない。なにかあれば、大したことでもないのに親がでしゃばる。

それに対して教員もビビってる。教員も自分のやっていることに自信がないから言えないんだよね。


僕は、暴力教師だけでなく、素晴らしい先生、K先生にもめぐり合うことができました。いいことをしたときはちゃんと褒めてくれ、悪いことしたときはきちんと怒ってくれる。学校のマニュアル通りの教育でなく、生徒のためになることは色々教えてくれました。

でも、そのK先生はやはり小学校では異端児だったらしく、定年前で辞めてしまわれました(僕のクラスで最後)。

最後の日、私の所に来て、「泰英は必ず歯医者になるんだよ!」と言い残し去って行かれました。あの言葉は今でも忘れていません。

そういう先生にこそ、トップに立って日本の教育を変えてほしいと強く思うのだけど、どこでも既得権益を守りたい奴がいるんだよね。

だから変わらない。

今の日本の教育は甘すぎる。教育評論家の尾木直樹氏が、「子供は褒めてのばす」なんて言っているけれど、僕は間違っていると思う。

何でもかんでも褒めていれば、子供は分かってくれる、まっすぐ伸びてくれる、なんていうことがあるとは思わない。2度3度言ってもわからないなら、体罰も必要だと僕は思う。小さい頃から「良いことと悪いこと」をはっきりさせないと、大人になってから大変ですよ。

それが、今の弱い日本の象徴となっているよね!

今、報道されているのは氷山の一角で体罰の問題はまだまだあるだろう。解決するためには隠ぺいせず、各学校で教師、生徒、教育員会が真剣に向き合い、本音で話し合うことが大切ではないかと思います。


いたわりと愛情をもって、相手のために本気で向き合って、今年も一年全力で頑張りたいと思います。本年も、どうぞよろしくお願いいたします
未分類