10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

休診のお知らせ

2017年10月27日
10月28日~11月3日まで慰安旅行、院内メインテナンスのため休診とさせていただきます。

急患の方はメッセージを残してください。

初診の方はメールからお願い致します。  

理事長  金子泰英
未分類

休診のお知らせ

2017年09月21日
こんにちは。理事長の金子泰英です。

9月22,23,24日は日本口腔インプラント学会 学会発表のため

   27,28日はAsian Carriere Symposium(矯正の学会)

参加のため休診となります。

初診をご希望の方はHPからメールで予約ができますので宜しくお願い致します。




未分類

開業20年を迎えて私が思うこと。

2017年08月19日

この20年で歯科医療は何が変わったか?医療機器は素晴らしく進歩しましたね。またインプラントや審美については歯科医がこぞってやるものだというイメージも付きました。
異種業種の人たちと出会う機会があると歯科医と名乗れば「インプラントやってるの?」「審美治療やってるの?」
第一声がこれだと正直がっかりします。
1番大切なことが知られていないし、変わってないんですね。

それは歯周病と全身の関係。

まず歯周病の治療で1番大切なのはプラークコントロールすなわち歯磨き。
当院でも何のために歯磨きをするか?ということを理解している人は20%も
いないでしょう。(私の力不足もありますが)
単純に考えて歯科医が増えているのに歯周病が減っていないっておかしいと思いません?
真剣に治療していたら減ると思いませんか?
またこれに関しては保険治療の弊害もあります。特に栃木県の方は歯だけでなく体の予防医学について無知すぎる。
特に65歳以上の方は気を付けてください。なぜか?頭が固くなり考え方を変えないからです。

当院の患者例 73歳 糖尿病、重度歯周病 

初診時はHba1c7.0あったのが薬も飲まず、ブラッシングと除菌の初期治療だけでHba1cが6.5まで下がりました。恥ずかしいですがうちの父です。勿論歯科医師です。20年前から歯周病に関しての指摘はしていましたが一向に考えを変えませんでした。「俺はブラッシングできている」といいきって。その結果沢山の歯を失うことになりました。インプラントもたくさん入っていますが数本ダメになっています。放置した結果糖尿病になったのです。

歯科医師が治せない理由がわかりましたね。
口では言っていても歯周病の治し方を知らないんです。だから歯周病は減らないんです。
そういう歯科医院に努めている衛生士も育たない。
まさに負のスパイラルになっています。

また糖尿病にかかっている方にお伝えしたいんですが歯周病と全身の関係を理解していない医師にかかっていると
悪くなれば薬が増えるだけで行く末は目が見えなくなるか、足が腐って切断することになるか、透析を受けることになります。 
 2312youzyou08.jpg
                   
そんな人生がいいですか?   
       
私が20年診て感じたことを幸せになりたい方はぜひ理解してください。
因みに私は治す方法を知っています。厳しいと思って目を背けていると自分だけでなく家族に迷惑が掛かります。
お金も沢山かかります。
何より健康が1番なんです。これからも皆さんのお力になれるよう日々勉強していきたいと思っています。

「歯医者さんは全身の病気も治せるんですね。」と言われるように。

追伸 私の技術を信じて通ってくださる患者様に感謝申し上げます。これからも進化し続けますので宜しくお願い致します。

         医療法人 KANEKO DENTAL OFFICE 理事長 金子泰英



未分類

お盆休み

2017年08月10日
こんにちは。理事長の金子泰英です。

8月11~16日まで休診とさせていただきます。

 御用のある方は留守電にメッセージを入れてください。028-688-8100

初診の方はメール問い合わせからお願い致します。

皆さん、休みを楽しんでくださいね。


未分類

私はアクティブシニア(健康な老人)を作ることに貢献しています。

2017年08月09日
私は義歯を作るのも得意です。
この方は2008年に入れ歯が合わないと見えた女性の患者さん。
どこに行っても何回作り直しても合わなかったそうです。
写真を見ればわかると思いますが不適合な入れ歯を長年使っていたため、
入れ歯を支える骨があまりありません。

DSCF2742_convert_20170808174600.jpg

DSCF2741_convert_20170808174532.jpg

治療はまず仮の入れ歯を作れせて頂き、かみ合わせを改善します。
大体はここでOKなのでそれをもとに最終的な入れ歯を作るだけ。

重要なのはかみ合わせ

勿論長く合わない入れ歯で無理に噛んでいると変な噛み癖がつきかみ合わせを
修正するのは大変ですがそのためにもまず仮の入れ歯が必要なんです。
また人それぞれ気になるところは違いますのでそれを聞かず
新しい入れ歯を作ると何回も修正することになります。

現在77歳ですが先日グアムに行ってきたそうです。
なんでも食べられるから楽しみが増えたそうです。
宇都宮に移転してもかわらず来ていただきありがとうございます。一生面倒みますからね。

                         理事長 金子泰英
未分類

治療をやるうえでやりにくい人

2017年08月05日
我々は口の中という狭い過酷な環境で仕事をしています。特にアジア人は欧米人に比べて口が小さい。
そして口腔内には動くものがあるということ。

舌、頬、口の中ではないが頭

今日は舌についてお話します。
奥歯の治療中、水を頻繁に飲んだりする方。水を飲むと舌が上がり
非常に危険な行為なんです。
写真を見てください。舌が削る機械にあたっているのがわかりますか?

このまま治療を続行すれば舌は切れます

DSC_0550_convert_20170804101441.jpg

いくら腕のいい歯科医でもここまで舌を出されると治療はできません。我々はどうしてほしいか。
まず治療前に鏡を見て自分で舌の位置を確認してください。なるべく舌を後ろの方に置く練習をしてください。
そして水を飲まない。水を飲むと逆に吸引しずらくなるの知ってました?
1番動かしてほしくないときに水を飲んだり、舌を動かすと治療している歯に唾液が入ってしまい、
治療の質が落ちることがあります。
申し訳ないですがこればかりはこちらが頑張ってもどうにもならないのです。
もう一つ重要なことがあります。

それは鼻呼吸

鼻でゆっくり呼吸ができればリラックスすることができ、舌も動かなくなるので治療がスムーズに行きます。
そのために毎日あいうべ体操してください。

もちろんこちらでも対策はしていますので安心してください。舌を排除する器具です。


DSC_0551_convert_20170804101531.jpg

それでもできない方は静脈内鎮静法併用での治療をお勧めします。




未分類

ダイエット成功!

2017年07月08日
これは私の話ではありません。うちの患者さんの話です。

以前こんな相談を受けました。

患者さん:「先生、どうやったら痩せれますか?」

金子:「食事と運動ですね、どんな食べ物が好きですか?」

患者さん:「パンが好きです。子供がいると手軽でつい買ってしまって食べちゃうんです・・・」

金子:「では、まずパンを食べるのを止めましょう!
    そして高蛋白質なものを食べるようにしましょう!」 
    「運動はお子さん小さいとジムは通えませんよね? 
    でしたら1日10回でいいのでスクワット運動をしてみてください。」
    ※ スクワットはスローアンドノンロック法です。結構きついです。

約2ヶ月後

患者さん:「先生、私痩せたんですよ」

金子:「みればわかりますよ、何をしたんですか?」

患者さん:「先生の言われた通りパンを食べるの止めました、そして毎日スクワットしてます。」

金子:「素晴らしいですね、歯肉の出血も以前より良くなっていますね。継続してくださいね。」

この患者さんは妊娠中、糖尿病で苦しんだそうです。妊娠する前に僕の所に来てればね、

苦しまなくてすんだのに。

この患者さんは口の中を見て糖質をとりすぎているなとすぐにわかったわけです。

糖質制限することで歯もよくなり体も健康になることが私の仕事の生きがいです。

ちゃんと実行して結果を出したのは患者さんですけどね。  金子泰英

                   


未分類

かぶせものやインプラントは一生持ちません。

2017年06月15日
こんにちは。理事長の金子泰英です。

今日はかぶせものやインプラントがどれくらいもつのか?についてお話します。
まず初めにはっきりと言っておきますが、

かぶせものやインプラントは永久治療ではないということ。


ほとんどの患者さんは治療が終わると一生壊れずに使えると思っているみたいですが違います。

例えば視力が悪い方がレーシックをしたとします。
一生視力がいいままでしょうか? そんなことありませんよね。
例えばあなたが新車で高級車を買いました。一生壊れずに乗れると思いますか?
そんなことありえませんよね。もちろんその人の乗り方によっても差は出ますが、
高い車を買ったからといって一生壊れないわけではないですよね。

これはかぶせものやインプラントでも同じです。
金額の高いセラミック治療やインプラント治療を行ったとしても使い方、すなわちかみ合わせが悪い方は長くは持たないんです。

もう一つ例えると、がんで手術をしたとします。手術は大成功です。しかしその後も、暴飲暴食、喫煙、ストレスをためるような人付き合い、運動しない、などがんになる前と同じような生活習慣を続ければ必ず再発するでしょう。
これは歯科治療でも同じ。どんなにいい治療を受けたとしても今までの悪い噛み癖や生活習慣を変えなければ必ず壊れるということになります。
1番がっかりするのは患者自身の使い方のせいでかぶせものが壊れたのに対し、他人が「その歯科医へたなんじゃない?」
「そこの歯科医院大丈夫?」など知りもしないのに言われることは非常に残念に思います。
こういうことしか言えない人は自分が病気になったときの必ずドクター選びに失敗します。
※これは私の経験上の話です。



逆に当院のかみ合わせのこだわりに理解をしている患者様はそういった考え方はお持ちではありません。その方が何か困ったときは120%の力で助けたいと思います。私も人間なんで。

ここで7年間、かぶせもの、インプラントがトラブルなく過ごしている方を紹介します。

DSC_0262_convert_20170614134721.jpg 
前歯4本セラミックですがかみ合わせが安定しているため7年間きれいな状態で維持しています。

根管治療の経過 根の先に大きな膿があります

術前

術直後
RCF.jpg

8年経過 大きな膿はきれいに治り再発もしていません。
3-1_convert_20170614175346.jpg

この患者さんは2ヶ月に1回メインテナンスに見えてます。かみ合わせの大切さをちゃんと理解しているようです。

ですので皆さん、インプラントを入れてきれいになって満足し、そのあとの定期検診を怠るといずれ自分にかえってきます。
要するに歯を長く持たせるのはあなた次第ということです。






未分類

医科歯科連携のいい出会い

2017年05月25日
今日、初診で来院された患者さんは医師の方でした。

その先生も自由診療で行なっていて何と私が今興味を持っているオーソモレキュラーを18年も前からやっていると聞き、

更に抗ガン剤を使わない治療など私が求めてる医療を行なっているのでびっくり。

歯科についてはアマルガム危険性や歯周病と糖尿病についても詳しく、

我々にとってこういう医師がいると非常に心強く思います。

今後はお互いに連携を取りましょうというとで話はまとまりました。

最近ではお医者さんも歯周病がどれだけからだに影響を及ぼすか知っている方も増えてるんですが、

どこの歯科医院に紹介すればいいかわからないため結局東京の歯科医院に送ってしまうそうです。

地方でも少ないですが特殊な治療をやっている方はいるのでこのようなご縁を大切にし広げて行けたらと思います。


理事長 金子泰英

未分類

私の診療に関してのこだわり

2017年03月24日
1.清潔感を大切にしています。白衣は毎日かえ、白衣での外出はしません。
(よく白衣で買い物などしている歯科医や衛生士を見かけますが、当院では一切禁止です。非衛生的です。)

2.削りカス、薬液(目などに入ると危険です)は飛びますので、患者様のお顔にはタオルをかけています。

3.初歩的なことですが、頬、舌を傷つけないような配慮をしています。また誤嚥(間違って飲み込んでしまうこと)にも気を使っています。(ドクターだけでなく、アシスタントも)

4.プライバシーの保護のため、完全個室診療をおこなっています。
(私自身も隣に座っている方の治療は見えないほうがいいと考えていますし、治療に集中できます。)

5.最高の治療が出来るよう、私自身の健康管理(食生活)には気を使っています。

6.分かりやすく説明するために、アニメーションを使っています。

7.拡大鏡を使用しています。
(歯科治療は細かいので、私には必要不可欠なものとなっています。)

8.治療は痛くないよう心かけています。

9.院内感染、滅菌には十分な注意をしています。

10.品質管理を徹底しています。期限切れの材料は使用していません。

11.いつまでも若く(アンチエイジング)、男性はかっこよく、女性はきれいになるような治療を心掛けています。

12.仕事中は緊張感をもって行っています。

13.ヒヤリ、ハッとしたことは絶対に流さずに、その場で解決するようにしています。(私の性格がきついように患者様には思われてしまうかもしれませんが、医療事故防止のために徹底しています。この方針を貫いてきたおかげで、当院では大きな事故を起さずに、これまでやってこれたと考えています。)

14.患者様にとって、ストレスフリーの治療を考えて行っています。

15.タバコは吸いません。スタッフもです。
(医療従事者のマナーと思っています。)

16.医療は日進月歩。より良い治療が出来るよう、積極的に研修会に行っています。

17.発ガン性物質のホルマリン系の薬剤は使用していません。
(例 神経をとる治療に使ったりする薬剤など)

18.治療はすべて録画をしています。
(治療を録画することはある意味自信がないとできないと思います。ごまかしはききませんので)
未分類

 | HOME | Next »